いっそこの世の果てまで共に

小説と漫画に埋もれる幸せ。
感想等をつらつら。「続きを読む」でネタバレ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
黒猫の遊歩あるいは美学講義 / 森 晶麿


第1回アガサ・クリスティー賞受賞作。
好きでした。そして、むつかしい。
美術・芸術学専門で若くして大学教授となった通称「黒猫」と、彼の付き人をつとめる主人公(大学院生)の私が謎を解き明かしていく。
全体的に学術的で、理解しながら進むのに時間がかかりました。だが面白い。大学戻りたい・・・。
その、黒猫たちの論理が正しいかどうかはおいといて、すごいなぁと思うのと興味深かったです。
黒猫→私 への恋心があるのかどうかも気になるところです。
❝秘すれば花❞の秘はなんだったのかも気になるなあ。
いいシリーズと出会えました。

★9
| ハヤカワ/早川 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱
とてもとても面白かった百合ホームズ!
舞台は2012年オリンピックに沸くロンドン。人工心臓を抱えた薬ずけの体であり、世界唯一の顧問探偵シャーリー。
アフガン帰りの軍医ジョー。性別逆転・現代版ホームズ!

いやほんと面白かった。
 
続きを読む >>
| ハヤカワ/早川 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
*************
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
PR