いっそこの世の果てまで共に

小説と漫画に埋もれる幸せ。
感想等をつらつら。「続きを読む」でネタバレ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かまどの嫁(2)/紫はなな

 

 

思うような展開じゃない……

あと雪がとってもウザいんですが、なんとかならないんですか?

そして鹿の子の選択もびっくりしました。

ネタバレ(まさか久助だなんて……

そしてラクの行動もな! びびったわ! あんな簡単に!!! 大口叩いた、あとに!!!!

全員が全員のハッピーエンドを迎えられる布石だと思おう…思おう…としても、ちょっとしっくりこない。

あと鹿の子もなかなか酷い子やなぁと思った2巻でもありました。

月明の巻き返しがあると信じて。

しかしなぁ〜全体的に、突拍子なかったりしますね、この小説……少し読みにくい。

 

★7

 

| その他レーベル | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集

 

桜庭さん好きすぎて、ちょっと期待し過ぎていました。

 

・モコ&猫:

 大学生の時、愛していた黒光りする女の子・モコのこと。屈折加減が良かったです。気持ち悪い感じ。

 

・このたびはとんだことで:

 浮気男の視点で本妻と愛人のやりとり。男の状態が、そっちじゃなくて、あっちだと思ってたので少しびっくりした。(どっちだよ)うーん。

 

・青年のための推理クラブ:

 某シリーズのやつですね。少女の刹那的な。

 

・冬の牡丹:

 この中で一番好きでした。 32歳の牡丹、彼女のことと、つまんない子と言いながら交友するお隣の初老・慎。牡丹ちゃんの宙ぶらりんなとこと悲しいところ、好きです。

 

・五月雨:

 ほんの少しGOSICK的。

 

・赤い犬花:

 少女と少年の冒険、と思いきや――。夏の思い出、死と旅立ちの一歩、って感じの、なんかこう残る短編。大人が思っているよりも、彼らは知っているし、成長した。

 

短編の順番良かったと思います。

 

 

★7

 

| その他レーベル | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
かまどの嫁 (1) / 紫はなな

 

 

お国で一番大事な神様・お稲荷様を祀る陰陽師宗家・小御門家に嫁いできた砂糖の店の子、鹿の子。嫁いですぐ霊力が無いということで側室の部屋・東の院を追い出され、かまどで四六時中お稲荷さまに捧げる御饌菓子を作っている。

着るのも寝るのも粗末なもの、姑や他の側室や他の巫女にいびられ、ついたあだ名が”かまどの嫁”。

 

面白かったー!んだけど、えええ鹿の子ちゃんそっちいくの?! と割とかなりびっくりしました。

お菓子の仕事に就いている作者さんだけあって、菓子製作の描写が良かったです。あー食べたい。

最初は旦那の月明まじサイテー、ラク早く奪っちゃえよ・・・・・・とか思ってたんですけど、月明さんも幸せになってほしい。

大容量で面白かったです。

 

★8

 

以下、ネタバレしかないよ!

 

続きを読む >>
| その他レーベル | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
左京区恋月橋渡ル / 瀧羽 麻子


「左京区七夕通東入ル」の姉妹編。工業化学科の山根くんが、白いワンピースの❝姫❞に初恋をする。
花ちゃんたちも登場して嬉しく、寮の様子だとか楽しいところもあり、内容もそこそこよかったんですが。
それよりも、❝生まれ❞というものを感じてしまった私は低俗な人間なんだろうか・・・。

★7
 
以下ネタバレ含みます。
続きを読む >>
| その他レーベル | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
聴き屋の芸術学部祭

待ちに待ってた<聴き屋>シリーズ1冊目!
青春ミステリかと思ってたら、殺人事件もあったんですね。
聴き屋体質の柏木くんんが遭遇する4つの事件。
会話の応酬がコミカルだったりセンス良かったり、この何とも言えない雰囲気大好きです。
中でも「濡れ衣トワイライト」の会話が面白かった。変人たちがいっぱい出てくるんですけど、まだ詳しく紹介されてない面々がいるはず。今後も楽しみ。
会話に流れるのんびり感というか浮世離れ感というか、良い持ち味。

★10
 
| その他レーベル | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
バカとテストと召喚獣12.5
相変わらず面白くてめちゃワロタ。これでほんとの最終巻!あー寂しい。
クリスマス〜2年生修了と3年生の始まり あたりの短編集。
はー Fクラス 酷い www
声にだして笑ってしまうので公共の場では絶対読めないシリーズでした。面白かったなぁ。
今回も翔子や雄二は安定しとるし工藤さんとムッツリーニはいつも通りだし、明久もいつも通り受難!久保くんと玉野さん・・・・・・
笑いたい時にちらほら読み返すシリーズです。
新シリーズも楽しみだなぁ。
 
| その他レーベル | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
知らない映画のサントラを聴く
枇杷・23歳・無職。両親と兄夫婦に家をおいだされ、流れるままに、先日遭遇した写真強盗&コスプレ変態の昂と同棲していた。小学生からの親友だった朝野、そんな朝野の元カレだった昂、朝野を中心にめぐる話・・・

結構良かったけど、
それでも枇杷の追い出し方は酷いな。えぐい。

※いつも以上にネタバレしているよ
 
続きを読む >>
| その他レーベル | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
坂東蛍子、日常に飽き飽き
坂東蛍子のまわりでおこる、珍大な事件を巡る人々のお話。しかし坂東蛍子は何が起きているか分かっていない。ファンタジー×日常もの。
こう書くと、少しハルヒに似ていますね?なんでだろ。
周りをとりまくキャラクター達が相関していく模様がまた面白かったです。理一との今後の関係も気になるなー。
続き読みたいです。

 
| その他レーベル | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈7〉
葉山、事実上の降伏宣言・・・のくせして、ヒッキーを同情の目で見る = 見下していたい。
ねぇ、そんな自分に気づいている? そんな7巻、修学旅行編。

いくらイケメンだろうが葉山すきくない・・・。

葉山と海老名は、スケープゴートにヒッキーを求めた。
ヒッキーいいヤツだなぁと思う。
海老名の性格はなかなかのもん。

修学旅行的たのしいシーンもあって、なかなか面白かったです。
ヒッキーに幸あれー
 
| その他レーベル | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉
ダークヒーロー誕生の文化祭。
文化祭を、誰も傷つかず丸くおさめるためにとった、ヒッキーの最低な行動とは・・・。
平塚先生の云ったあの台詞は、シリーズ中でいちばんの名言になると思いました。
 
続きを読む >>
| その他レーベル | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
*************
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
PR