いっそこの世の果てまで共に

小説と漫画に埋もれる幸せ。
感想等をつらつら。「続きを読む」でネタバレ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
花冠の王国の花嫌い姫(2) ガーベラの約束 / 長月遥 

 

 

無理のない続編で面白かったです。

 

イスカの弟王子が帰国したが、それは因縁ある正教会の聖職者とともに――

 

最強設定のイスカさんがご活躍あそばれました。

フローレンスとイスカの初々しいやりとりも可愛かった。

ラハ・ラドマのおそるべき教育の一環が明らかにもなりますが――(笑)

このまま知略はフローレンスさんで話が進んでいくんでしょうかね〜

 

 

★7

 

 

| ビーズログ文庫 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
花冠の王国の花嫌い姫(1)/長月遥

 

 

奨励賞受賞作。

花であふれる大国エスカトロネアの第二王女フローレンスは、人前に出れない程の重度の花アレルギー。

かねてから熱望していた、不毛の北の地、ラハ・ラドマのイスカ王子との婚約が決まった!

向こうは何が目的かと警戒しているが――まぁそれもそうなるよね

 

妖魔だと言われる程の色気と美しさをそなえるイリス王子はすごくいい人でした。

ひきこもりフローレンスが、腹黒兄のおかげでそこそこ頭がいいです。好感!

恋愛に関しては初心な二人はいい組み合わせでした。懸念の海蛇姫のこともアクセントとして良い具合。

続きも読もうと思います。面白かったー!

 

★7

| ビーズログ文庫 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンデレラ伯爵家の靴箱館(7) 乙女は新たな靴を履く / 仲村 つばき

 

 

最後まで素晴らしく面白いシリーズでした! とても良かった!!

発売されてすぐ読んだんだけど、感想書くのが遅くなった。。。

 

(6)がアルヴァ父の試練なら、(7)はダリア母からの試練。アランの守りなしに何とかしてみなさい――・・・・・・と、ルディアと二人で乙女の会に潜入し、果たして魔術師の靴があるのか確かめる。

 

アランさんは最後までアランさんだった。

エデルとの理想の未来をあの本に書き込み、そうして・・・・・・。

なぜエデルはドン引かないのかwww いやもうお似合いのお二人です。

 

エデルとアランは別々のところで、互いに”自分のやり方”の道を見つけ、切り開いていく最終巻でした。

すごく良かったと思います。

素敵なシリーズと出会えました。

 

あー終わっちゃったなあ。

仲村さんの次回作も期待しています。

 

以下ネタバレで少し感想を

 

★10

続きを読む >>
| ビーズログ文庫 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
わけあり商人の皇宮録(1) 後宮は王子様だらけの楽園でした!? / 九月文

 

 

大店の商人の娘・マイヤは少年に扮して日々頑張っているところ。

昔我が家にやってきた、今では先輩商人サフィードに注意されたりからかわれる毎日。父が皇宮から帰ってこないという事件が発生し、商人としてのりこむマイヤ。そこで出会った王子二人に協力してもらい(ウィンウィンの取引で)父様を探す――

 

そこそこ面白かったです。

”わけあり”というのがダブル+シングル=トリプルになるのが仕掛けとして面白かった。

恋愛的要素はこれから〜って感じでしたね。たのしみ。

次も読むよ!

 

★7

| ビーズログ文庫 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
妖精令嬢の恋のからさわぎ 薔薇乙女は月影におちる / 朝前 みちる

 

 

エセルのプロポーズ宣言(1巻の終わり)からの続きの今回。

エセルさんがこじらせてこじらせてる話。

病んデレが、止まらない!!! 愛が重い愛が重い愛が重い。

フェイちゃんよりも飛びぬけて危ない人だった。

K A N K I N ★

 

びっくりしたわ

 

いっぱい書くことあった筈なんだけど もうこれ エセルお兄様やばい しか出てこない。

朝前さんらしくキャラが突飛でとても面白かったです、ええもう、それはもう。

フェイちゃん天使でした。

 

★9

| ビーズログ文庫 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
妖精令嬢の恋のからさわぎ(1)宰相騎士は深淵をのぞく / 朝前みちる

 

 

初恋の君(父の親友)の後妻におさまった(無理やり)令嬢フェイス。しかし籍を入れる前に旦那様か呪いで倒れる→助けようとする→旦那様の息子・幼馴染で義理息子(予定)のエセルバートお兄様に「父と別れろ」と云われつつもフェイスたん突っ走る!ラブコメ。

 

「斯くして姫君はかたる」シリーズの朝前さんのだから普通じゃないと思っていたけど、やっぱ普通じゃなくて面白かった!

”ただの年の差ラブコメ(ヤンデレ風味)”byあとがき

フェイスがぶっとんでたんですけど、それを上回りそうな こじらせ系エセルバートお兄様。お前怖い。

あらすじ見た時はどんな話なんだろうと思ったんですけど、読んでみると ああこういうこと! となりました。面白かったなー。

 

★8

 

 

 

| ビーズログ文庫 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
嘘つきウサギと銀の檻/西台 もか



呼ばれた気がして家の穴からおっこちて、迷い込んだ世界は・・・・・・不思議の国のアリスをかたどったデスデームだった。
今は昏睡状態になっている犯罪者たちと、<無垢なるアリス>の主人公アリサ。狙われる運命にあるアリスに、❝白ウサギ❞のシロウが、言うことを聞けば現実にかえしてやると提案し・・・・・・

ボーカロイドで❝骨盤P❞氏がつくった曲を小説化したんですね。
アリスの世界の不気味さと、デスゲームと、その中で内気で母と不仲なアリサが成長していく過程とがなかなか面白く、うまかったです。哀しい犯罪者たちがうまいこと世界と調和していましたよ、ね。
シロウについてはやや予想していたものの、びっくりしました。

本編後の彼等について気になるところ。
★7 かな

(ビーズログ文庫アリス、ですがビーズログ文庫カテゴリに含めさせてもらいました)

 

| ビーズログ文庫 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
なりゆき斎王の入内 -この恋路、乱れがはしき- (3)


暁が東宮だったと分かり、そして故郷・熊野行啓に――。

暁と塔子の気持がすれ違うすれ違う。そこに出来た人間の叔父・貴哉が登場してさらにややこしい。暁よ頑張れ。

続きはネタバレです

★7
続きを読む >>
| ビーズログ文庫 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
蓮華鬼譚 宿命と恋の始まり / 瑞山 いつき


復讐ファンタジー・和風。
瑞山さんのだから面白いかなぁと思ったんだけど、そこまで面白くはなかった・・・。
主人の連華は17歳、鬼狩りの一族。婚約者や姉を含め、里を滅ぼされた復讐に義兄と旅に出ている。道中、他の里の生き残りである出雲と、拾われた少年と合流し・・・・・  って始まります。

全体的に暗かったりで、あんまりでしたなぁ。
眠れない悪魔〜」の、あの2冊が神過ぎるんだな、私の中で。
 
| ビーズログ文庫 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
なりゆき斎王の入内(2)その正体、さらにも言わず / 小田菜摘


ああじれったい!
入内させようと外堀を埋められようとする塔子。塔子は熊野のおじさまを好きなのだと思い込んでもんもんと一歩踏み出さない暁。そんななか、自覚していく塔子・・・・・・

じれったいな!
暁は思春期の男子!

★8
続きを読む >>
| ビーズログ文庫 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
*************
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
PR